年代別

ニキビ市販薬の相場に関して

ニキビ用の市販薬は主に、ニキビのできた部分に塗るタイプが主流となっています。
さまざまな種類の市販薬がありますが、それぞれに配合されている有効成分に違いがあります。

ニキビは過剰に分泌された皮脂や古い角質などが毛穴に詰まり、毛穴の中にアクネ菌が増殖することが原因となります。
このアクネ菌の増殖を抑え、殺菌することでニキビの悪化を防ぐことができます。

ですから殺菌や消毒効果、炎症を抑える効果が有効成分として含まれていて、クロルヘキシジングルコン酸塩液やイオウ、レゾルシン、イブプロフェンピコノールなどがあります。
さらにアロエやグリセリンなどの保湿効果のある成分も配合されています。
含まれる有効成分によっては金額が高くなりますが、手頃な価格のニキビ薬でも肌の状態によっては効果が期待できます。

ステロイドが配合された軟膏もあります。
ステロイドは即効性があるのですが、長期間使用するとニキビの原因となってしまうことがあります。
市販薬を使う場合、1週間使用しても効果が得られない場合は、皮膚科を受診したほうがよいでしょう。

市販薬と処方薬の大きな違いは抗生物質が含まれているかどうかで、抗生物質は原因となる菌そのものの増殖を抑制し、炎症を抑える即効性があります。
長く使うとその抗生物質に対して耐性ができるため効果がなくなってしまいます。
大人になってからニキビが出来る原因はストレスや乱れた生活習慣が主になっています。
なので、ストレスを発散できる趣味を見つけたり、バランスの良い食事にしっかりと睡眠時間をとるなど、毎日の生活を見直すことが大切です。



このページの先頭へ