年代別

皮膚科でニキビ対応に関して

ニキビは皮膚病の一つですから、早い段階で皮膚科を受診し治療することで悪化を防ぎ、跡が残らないようにすることができます。
一般的な治療としては軟膏や飲み薬の処方となりますが、ニキビの状態や体質などによってさまざまな治療方法があります

軟膏や飲み薬は原因となる菌を殺菌する効果のある抗生物質や炎症を抑えたり、過剰に分泌される皮脂を抑える効果のあるものなどが処方されます。
またイオウ製剤は炎症のない初期段階のニキビに直接塗ることで、古い角質を剥がしやすくしてくれます。

また、詰まった皮脂や角質を専用の器具を使って取り除く面ぽう圧出という方法もあります。
保険は適用されませんが、フルーツ酸などを直接肌に塗り古い角質を剥がすことで、肌のターンオーバーを正常な状態に取り戻すケミカルピーリングも効果があります。

酷い炎症や化膿、ニキビ跡には注射やレーザーなどによる治療、さらにはニキビの手術もあります。
注射治療は直接ニキビに抗生剤を注射するため即効性があります。
レーザー治療はニキビの炎症を抑えるのに効果的で、治療したい場所を狙ってレーザー光線をあてることで殺菌します。

ニキビ跡が酷く、皮膚が膨れ上がったような状態になったり、レーザー治療が難しい場合は手術によって取り除く方法もあります。
さまざまな方法はありますが、ニキビ跡が残らないように早い段階で治療することが大切です。


このページの先頭へ