年代別

ニキビと吹き出物の違い

よく「二十歳前にできるのがニキビ、二十歳を過ぎたら吹き出物」といわれてきました。
現在では二十歳前を「思春期ニキビ」、二十歳を過ぎると「大人ニキビ」といわれるようになり、大人ニキビと吹き出物は同じと考えられています。

ニキビは成長ホルモンの影響によって過剰に皮脂が分泌されることや、肌のターンオーバーが乱れることで古い角質が溜まり毛穴が詰まる、皮脂を栄養とするアクネ菌などの細菌が増殖することが主な原因となります。
またストレスや睡眠不足などの生活習慣、ホルモンバランスの乱れや便秘なども原因となります。

思春期ニキビの原因は成長ホルモンによる過剰な皮脂の分泌ですが、大人ニキビの場合は、睡眠不足やストレスといったさまざまな生活習慣が重なることが原因となります。

それに対して吹き出物は、「肌機能が低下してしまうことで細菌の侵入が主な原因となるできもの」のことをいいます。
そのため二十歳前であっても、肌機能の低下によって、細菌が主な原因のできものであれば「吹き出物」となるのです。
しかしニキビもアクネ菌が原因となるため、症状は同じため判別は困難です。
その時によってニキビと呼ばれたり、吹き出物と呼ばれるため「呼び方が違う」というのが現状です。


このページの先頭へ