年代別

複数あるニキビの種類に関して

ニキビにもいくつかの種類があり、それぞれ症状が違います。
皮脂や古い角質が毛穴に詰まった状態で、炎症の起きていない初期段階が白ニキビです。
コメドとも呼ばれます。
さらに皮脂や角質が増えると毛穴が押し開かれ、空気にふれた皮脂が黒く酸化した状態が黒ニキビです。
鼻にできることが多く「いちご鼻」と言われる状態です。
ここまでの初期段階で正しいケアと早期治療をすることで、ニキビ跡を残す心配が少なく治すことができます。

しかしケアや治療を怠っていると、毛穴に詰まった皮脂を栄養としているアクネ菌が増殖し、炎症や化膿をひきおこし悪化する原因となります。
赤ニキビは炎症によって赤く腫れた状態で、痛みを伴うこともあります。
また化膿した膿が出ることもあります。
さらにアクネ菌やブドウ球菌が急激に増えることで炎症と化膿が進み、毛穴の中に膿が溜まって膨らんだ黄ニキビへと悪化します。
酷い炎症や化膿を起こすほど悪化してしまうと、完全な治療が難しくなり、ニキビ跡や傷が残ってしまいます。

また、ホルモンバランスの乱れや血液の流れが悪い、老廃物が溜まるなどの体調不良からできるニキビもあります。
口の周りや顎にできるのが特徴で、触ると芯のような塊があります。
洗顔だけでなく、体調不良の原因を取り除くことが大切です。
おしりニキビの治療法についても参考にご覧ください。


このページの先頭へ