年代別

顔以外にもニキビが発生する

ニキビは皮脂や汚れ、古い角質などが毛穴に詰まることが原因となるため、顔だけでなく毛穴のある体中にできる可能性があります。
特に皮脂の分泌が多い顔や胸元、ケアの難しい背中、長時間座っていることで蒸れやすいお尻などに多くみられます。

胸元は皮脂の分泌が多くニキビができやすいですが、薬が塗りやすい場所でもあります。
しかしケアを怠ると硬いしこりのようなケロイドになりやすい場所です。
ですからケロイド体質の人はきちんとケアをすることが大切です。

汗をかきやすい背中は、雑菌が繁殖しやすくニキビができやすい場所です。
昼間は服を着ていることで風通しが悪く、下着などによる摩擦のために皮脂も溜まりやすくなります。
またhttp://www.nz-travel.com/kaonisikadekinai.htmlにも載っているようにシャンプーの洗い残しも、毛穴を詰まらせる原因となります。
シャンプーの後はシャワーなどでよく洗い流すことで予防できます。

おしりは他の部分よりも皮脂の分泌が少ない場所ですが、下着などの圧迫で血流が悪くなりやすいため、新陳代謝が悪くなります。
また座ることで角質が厚くなりやすい場所でもあります。
代謝が悪くなると、肌のターンオーバーが乱れ毛穴が詰まりニキビの原因となります。
さらに下着による摩擦や蒸れによって、菌が繁殖しやすくなります。
おしりは大きく化膿したニキビができやすく、ニキビ跡や黒ずみになりやすいため、きちんとケアすることが大切です。
女性の方がニキビを気にする方が多いのですが、実は男性の方がニキビが出来やすいそうです。
理由は男性ホルモンが関わっているそうなので詳しくはこちらのサイトをご覧になってみてください。



このページの先頭へ