年代別

生活習慣とニキビの関連性

ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因ですが、食生活や喫煙、睡眠不足などの生活習慣もニキビの原因となります。
皮脂の材料となるのは糖分や油分ですから、甘い物や揚げ物など糖分や油分の多い食事をとっていると、さらに皮脂が分泌されニキビを悪化させる原因となります。
活性酸素を取り除いてくれるビタミンCや、糖質の代謝を促進してくれるビタミンB郡は、ニキビに良いといわれています。

睡眠不足http://www.kcwutv.org/sixtukari.htmlやストレスによってホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーが乱れる原因となります。
肌の再生がうまくいかないと、汚れや古い角質が残り毛穴を詰まらせる原因となるためニキビを悪化させてしまいます。

運動不足http://www.laughinglotusanchorage.com/unndoubusoku.htmlや野菜不足の食生活によって便秘になると、腸に溜まった老廃物や毒素が血液中に流れだし、毛穴から排出されます。
老廃物や毒素はニキビの原因となるのです。

タバコの煙は体の中で活性酸素を大量に作り出します。
また毛細血管を収縮するため、血液の流れが悪くなります。
体の中の活性酸素を取り除くためにビタミンCを大量に消費するため、新陳代謝が低下してしまうと、肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

このように睡眠不足や偏った食生活、タバコや飲酒など生活習慣もニキビの原因となってしまいます。
ニキビ予防にはhttp://www.hiddenvision.com/nikibi.htmlに載っているような食材を控えめにすると良いでしょう。
現代人は食生活の欧米化が進んでいるためファストフードや外食で済ませてしまう方が多いですが、この食生活では肌荒れや肥満の原因になってしまうので自炊中心にすることが大切だといえます。

生活習慣を見直すことでニキビ予防ができるのです。


このページの先頭へ